Sample Company

絶対に後悔させないお勧めの赤ワインについて(2,000円前後)

数年前から赤ワインを好んで飲むようになりました。

昔は甘く飲みやすいワインを何となく飲んでいたのですが、最近はしっかりとした骨格のある赤ワインを好んで飲んでいます。

経験を積むと甘いだけでは物足りなく感じしてしまうのです。

ただ、ワインは初心者には何から選べば良いのか分からないと思うのです。

価格、葡萄、年代、工業製品ではないので選択する基準がたくさんあってワインを選ぶのは非常に難しいと思うのです。

そんなときは一つ、自分の軸となるワインを見つけて、それを基準に好き、嫌いと色分けしていくと自分好みのワインがどういうものか分かって楽しいです。

こちらのページでは私が過去飲んで、コスパが高くて美味しくて満足したワインを紹介します。

一度、飲んでいただいて、赤ワインって美味しいね!と感じていただければ幸いです。

■チリ モンテスアルファ
モンテスには色々なシリーズがありますが、モンテスアルファが一番コスパがいいです。クラッシックシリーズは安い分、少し味わいが平坦です。飲むならアルファシリーズが断然お勧めです。
モンテスアルファは2000円、モンテスクラシックは1500円ぐらいで売っています。


■南アフリカ スタークコンデ
こちらのワイン、コストコで購入して知ったのですが、コストコだと当時、2000円を少し切る程度で売っていました。売り切れているお店がほとんどですが、2,000円台ならおススメできるワインです。

■オーストラリア bin8
こちらのワインもコストコで購入して、美味しいなっと思ったワインの一つです。パーカーさんが高評価を付けて高騰していますが、コストコだと今でも2,000円程度で購入できると思います。


■フランス ドメーヌ・ラファージュ
一般的に2,000円程度のワインで美味しいものを探そうとすると、フランス産は難しいのですが、探せばお得なワインも見つかります。
それは、ドメーヌ・ラファージュのワインです。

パーカーポイント90点台を連発しながらも、多くのワインは1,000円~2,000円で販売するというとってもお買い得なワインです。

その中でも特にお勧めなのが、『2014 バスティード ミラフロ / ドメーヌ・ラファージュ(Bastide Miraflors Domaine LAFAGE 2014)』です。 2,000円を少し切る値段ながら、濃厚でコクがあり、飲みごたえ十分です。5,000円のワインにも引けを取らない旨さです。


ワインには肉を合わせたり、自家製パンだとチーズを練りこんだものをあてに飲むことが多いです。ワインは度数が高いので、美味しいワインだとすぐに酔ってしまって記憶を失いますが、自宅だと何処で寝ても大丈夫なので、安心です。


ワインの選び方について

私が好きなワインの中で特におすすめの銘柄についてご紹介しました。

一本飲んでいただいて、私とワインの好みが合うなと思った方は引き続き別の銘柄も試していただければと思いますが、好みが全く合わない場合もあると思います。

そんなあなたのためにワインの選び方をお伝えします。

ただ、私は白とロゼは普段飲まないので、あまり分かりません。赤ワインのみの選び方になります。とはいえ、白ワインもロゼも考え方の基本は同じなので一読していただければ幸いです。

ワインを選ぶ要素はたくさんありますが、使われているぶどうの品種の持ち味を把握しておけば、味の大枠は分かるようになります。

世界中で数多く造られているのが、高級品種とよばれるフランス系の品種です。
これらの基本的なぶどうについて確認してみましょう。

■赤ワインになるぶどう
Pinot Noir ピノ・ノワール
Cabernet Sauvignon カベルネ・ソーヴィニヨン
Merlot メルロー
Syrah シラー
Sangiovese サンジョヴェーゼ
Grenache グルナッシュ


ぶどうによって、ワインを飲んだときの印象が異なります。
私が先ほど紹介したワインは、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、グルナッシュのいずれかが主体のワインです。

これらは上の図を見るといずれもパワーが強い品種になります。

私は濃い目の舌にガツンとくる分かりやすいワインが好みなのです。ある意味、赤ワインらしい、赤ワインといえるかもしれません。

これらのぶどうから作られたワインを色々試すことで、自分が好きなぶどうが分かってくるので、それらのぶどうから作られたワインを選ぶようにすれば、自分の好みを外さないワインを選ぶことができるようになります。

ちなみに、私の経験則ではありますが、カベルネ・ソーヴィニヨンのワインは安いものでも外れが少ない気がします。私がカベルネ・ソーヴィニヨンでつくられたワインをよく飲む理由の一つかもしれません。

この見出しはh2タグです

このボックスは、class="box1"と指定すれば出ます。